AGA男性型脱毛症の治療いろいろ

AGA男性型脱毛症には様々な治療がある

AGA男性型脱毛症はテストステロンという男性ホルモンが大きく関わっています。

 

この男性ホルモンが5α-還元酵素II型という還元酵素がきっかけになり、強力な脱毛作用のあるジヒドロテストステロンへと変換されます。
ジヒドロテストステロンには毛髪の毛周期である成長期を短くすると言う有難くない作用があります。
毛周期は成長期・退行期・休止期とありますが、成長期が短くなると毛髪が十分に成長する前に退行期・休止期に入ってしまい、抜け落ちてしまいます。
徐々に毛髪が細く短くなって、薄毛が進行してしまいます。
AGAに至る理由はAGAクリニックのサイトで紹介されています。

 

円形脱毛症のようにストレスで一気に抜け落ちてしまうのではなく、徐々に薄毛が進行するのが特徴です。
AGAを発症すると額の生え際から薄くなる、頭頂部から薄くなる、その両方から薄くなるの主に3つの進行パターンがあります。
もしそんな薄毛の進行パターンが見られましたらAGAを発症した可能性があります。
5α-還元酵素II型の生成が増えだすのは遺伝的要因が大きいと言われています。
そのため遺伝によってAGAを発症しやすい人、発症しにくい人に分かれます。
日本では1260万人もの男性がAGAで悩んでおり、そのうち650万人が何らかのケアを行った事があると言われています。
決してご自身だけの症状ではないです。
このような症状の詳細はAGA治療・発毛・育毛サイトネオサムライにも書かれています。

 

AGAを発症したらもう2度と治らないのではなく、最近では様々な治療の種類があります。
治療の種類としてはフィナステリド錠を服用する方法、ミノキシジル外用薬を頭皮に直接塗る方法が特に知られています。

 

 

オススメのサイト

SEOに強いWebライティング方法