グロースファクター再生療法という最先端の発毛治療も登場

グロースファクター再生療法という最先端の発毛治療も登場

最近ではプロペシアやミノキシジルに代わる発毛治療、グロースファクター再生療法もAGAクリニックで行われるようになりました。

 

このグロースファクター再生療法では薄毛の原因が成長因子の不足であると考えています。
成長因子が不足してくると毛髪成長シグナルが止まってしまい薄毛が進行してしまうのですが、
グロースファクター再生療法ではケラチン細胞増殖因子、幹細胞増殖因子、インスリン様成長因子、
血管内皮細胞増殖因子、線維芽細胞増殖因子など多種類の成長因子を頭皮に注入することで不足した成長因子を補給し、毛髪の成長を促します。
成長因子カクテルを頭皮に注入するときに主に行われるのがダーマスタンプです。
極細針が付いた医療用スタンプを頭皮に押し当てて微細な穴を開けます。
その穴から成長因子カクテルを注入します。

 

穴をあけると言っても微細な穴ですし、それほど我慢できない痛みではないです。
痛みが苦手と言う方には頭皮に塗るタイプの麻酔またはブロック麻酔が行われますので大丈夫です。
プロペシアは男性のみですが、グロースファクター再生療法では男女性別問わずに薄毛の治療が可能です。
男性に起こるAGAはもちろん、女性の薄毛特有のびまん性脱毛やFAGA女性男性型脱毛症など様々な症状に対応可能です。
プロペシア同様に即効性はなく、3か月から6か月ほどの期間が必要です。
先進的な再生医療技術が用いられている代わりに費用がプロペシアによる治療よりも高額になるデメリットがあります。